吉本新喜劇が彦根にやってくる!!V 2013年

吉本新喜劇がやってくる

2011年、2012年、滋賀県彦根市の地域住民の方々と「地域住民の参加する吉本新喜劇」として 『吉本新喜劇がやってくる』を開催し、 大好評をいただいた"彦根新喜劇"が
2013年は滋賀大学経済学部の学生さんたちに、単位取得ができる講座「吉本新喜劇から学ぶ地域活性化プロデュース」として参加して頂きました。
6月8日に開かれた「彦根地域住民の参加する吉本新喜劇」に協力し、地域活性化やイベント企画などの方法を学び、このうち8人は、前座の舞台の「ひこね新喜劇塾」にも出演しました。
上の写真は4月8日記者会見にて撮影。
<写真左より、夏川実行委員長、田中賀鶴代、辻本茂雄さん、末成由美さん、滋賀大学学園祭 北川実行委員長、滋賀大学 谷口教授、カモンちゃん>

吉本新喜劇が彦根にやってくる!!V

吉本新喜劇が彦根にやってくる!!U 2012年

吉本新喜劇がやってくる

2012年6月9日、昨年に引き続き、「地域住民型」をさらに進めた『第2回彦根吉本新喜劇』が開催されました。
今年は、本番に向けて『吉本プロデュース・ひこね新喜劇塾』も開設することとなりました。昨年の第1回公演でも約70名の地元住民が舞台に立ち、彦根カラーの新喜劇で大変盛り上がりましたが、今年は塾生たちが『ひこね新喜劇塾』で十分に稽古し、本番当日の『彦根吉本新喜劇』の前座として、15分〜20分の「ひこねミニ新喜劇」を上演しました当日は一日中、イベントをいくつか開催され、ご来場者全員が楽しく過ごすことができました。
<写真左より、ファミリーレストランさん、、末成由美さん、しまさこにゃん、田中賀鶴代、辻橋正一幹事長>

吉本新喜劇が彦根にやってくる!!U

中日新聞滋賀版 3月2日 京都新聞 3月4日 朝日新聞 3月29日 朝日新聞 3月29日 毎日新聞 滋賀 4月24日 朝日新聞 3月3日 滋賀彦根新聞 3月3日 中日新聞 びわこ版 5月15日

吉本新喜劇が彦根にやってくる!! 2011年

吉本新喜劇が彦根にやってくる

地元(彦根市民団体)+エンターテインメント(吉本新喜劇)=彦根吉本新喜劇
今年創業100周年を迎える吉本興業さんと彦根市の市民団体とをコーディネート。
吉本新喜劇を通じ、町おこし事業をプロデュース。
左の写真は2011年4月14日(木)記者会見にて撮影。

吉本新喜劇が彦根にやってくる!!
詳しくはこちらをクリック。


3つのEN

・心のインフラ整備

ハード面ではなくソフト面で

・地域発のものづくり

メイドインジャパンのサービスや、商品を世界へ発信

・たくましいおとなづくりの応援

日本を支える人づくり。農業、大学などのリンクで心身ともに


ご縁・円・宴(エンターテインメント)の 3つのENを軸にコミュニティマネジメントを

ご提案いたします。


コミュニティマネジメント組織図

町づくり、コトづくり、人づくり、モノづくりのスペシャリスト集団がサポート

コミュニティマネジメント組織図

私たちは地域の活性化をめざします

■目指す方向

@地域の人たちが元気になる提案をします。

A他地域の人たちが訪ねてみたくなる提案をします。

B地域の産業が元気になる提案をします。

■具体的な手法

@エンターティントを活用します。

Aスポーツを活用します。

B地域の歴史を掘り起こし、活用します。

C観光施設を活用します。

D特産物を活用します。

E農業を活用します。

F商店街を活用します。

G大学を活用します。

H地域交通を活用します。

I可能なかぎりエコを目指します。

上記の地域の財産を活用し、その相互交流を図るシステムを提案します。

地域財産を活用するためには、地域の人たちの固い結束が不可欠です。


実例・導入効果 ご提案中案件

「とんだえきまえ広場」イベント

「とんだえきまえ広場」イベント

昭和元年の古民家で新鮮野菜、オーガニックのお弁当に、作家さん達の作品展示販売、

ビューティ、セラピーのイベント にお抹茶のサービス、フリーマーケットと盛りだくさん。